ルミナピールで手の甲が白くならない場合は。

ルミナピールを使っている。古い角質もちゃんととれているし。でも手の甲が白くならない。そんな場合はどうしたらいいか知ってますか?

まず、美白ケアについての基本からお話するのが有意義だと思います。

美白ケアで一番最初にしなければいけないのは、ルミナピールでしている古い角質層を落としてあげることです。

どうして、古い角質層を落とす必要があるかというと、古い角質層があると皮膚の基底層から始まる肌のターンオーバーが正常なサイクルで行われなくなってくるからなんですね。

もっというと、肌のターンオーバーのサイクルが遅くなってしまうんですね。

そうなれば、肌の表皮にとどまっているシミやくすみの元であるメラニン色素が肌の上の方になかなかでてきてくれません。

肌の上の方になかなかでてきてくれないと、最終的に垢としてメラニン色素を排出できなくなってしまいます。

となると、シミやくすみは手の甲に居座ったままの状態になります。

 

だからこそ、古い角質層はルミナピールのようなピーリング剤で落としてあげる必要があるんです。

 

で、次にしなければいけないのは紫外線を浴びない工夫をする事。手の甲でいえば、紫外線をカットする手袋をするとか。

せっかく古い角質層を落として、肌のターンオーバーを促進する事で、メラニン色素を排出しようとしているのに、新たにメラニン色素が作られてしまってはいたちごっこになりますよね。

 

だから、ルミナピールを使うのであれば、それと同時に今まで以上に協力な紫外線対策がおすすめです。

さて、次にですが、できる事ならシミやくすみの元であるメラニン色素を還元するような化粧水、美容液、それに乳液やクリームを使うのをおすすめします。

 

古い角質層を落とし、さらにメラニン色素が作られないように紫外線対策を強化する、これだけでも時間の経過とともに、手の甲は今よりも確実に白くなっていきますが、それプラスして、シミやくすみの元であるメラニン色素を直接薄くしたり、消してしまう事が期待できる成分を手の甲につけてあげるのがおすすめです。

 

それらに美白成分としてよく知られているのは、ビタミンC誘導体が最もよく知られています。さらに、使用されている歴史も長いので、副作用の心配もありません。

 

そして、ハイドロキノン。ハイドロキノンは皮膚の漂白剤と言われる程に美白作用が高いです。反面、効き過ぎてしまうと白斑になる可能性も秘めている成分です。ですので、使用する際はできればお医者さんに相談しながらの使用が得策です。

 

こうした美白ケアの基本や流れを見てみると、ルミナピールは最初の段階での役割をはしているだけに見えますね。

 

でも、ルミナピールにもちゃんと美白作用のある成分は含まれているんですよ。公式サイトでは9種類のブライトニング成分配合と、アピールされていますが、あれらが美白成分として機能してくれます。

 

ただ、そうはいっても、ルミナピールは最終的には洗い流してしまので、肌表面に残ることはありません。

 

そう考えるとやはり美白成分が入った化粧水や美容液などをルミナピールのあとに使うのが手の甲のベストな美白ケアという事ができます。

 

手の甲が真っ黒。ルミナピールのおかげで。

友人の素敵なネイルを見て居ても立っても居られず初めてのネイルサロンに行った時のこと。

明るいライトの下で自分の手を出したときの恥ずかしさと言ったらありませんでした。手の甲が真っ黒、がさがさだったんです。指もシワシワ。

もうネイルどころではありませんね。毎日の水仕事で荒れ放題、紫外線も浴び放題で手の甲のお手入れが全くできていなかったのです。

顔と違って普段見られることも少ないと思い込み完全に油断していました。しかし、ネイルサロンに行ったのを機に、白くて美しい手の甲を目指すべくケアを心掛けるようにしました。

まず、紫外線防止のために、夏場の外出時は必ず手袋をしています。手の平側がメッシュ素材になっているものがありこれなら蒸れて暑いということもありません。

そして、何より心掛けているのが保湿です。夜寝る前に顔のシミ・そばかす対策用のクリームを塗りながら指一本一本からマッサージします。その後手袋をはめて寝ます。

これを毎晩行っていると、クリームの効果とマッサージで新陳代謝が高まるせいか手の血色がよくなってきています。

 

さらに今、手の甲の美白ために使っているのがルミナピールです。たまりに溜まった古い角質落とし、肌の生まれ変わりを促してくれるルミナピールをして、だいたいまるまる1ヶ月間が経過しましたが、手の甲の透明感が全く違いますね。

 

もちろん、ルミナピールだけではなくて、紫外線対策も前よりも強化しているんですけど、ルミナピールのおかげで、古い角質をちゃんと落としてあげる事の大切さが分りました。

ルミナピールの効果は即効性なし。

ルミナピールは北の快適工房から販売されている手の甲を美白するためのピーリング剤ですが、アットコスメでも実際に使った人が投稿して口コミをしている人はまだ少ないですね。

 

確か、以前に見た時はまだ1件しか投稿されていませんでした。

 

さて、そんなルミナピールですが、口コミが少ないとどれぐらいの美白効果があるかを知るにも情報源がない事になってしまいますが、1つ知っておくべきこととしては、ルミナピールを使ったからと言ってすぐに手の甲が白くなるかと言われれば、そうではないという事です。

 

ルミナピールは手の甲に溜まっているメラニン色素を排出するために、まずは古い角質層を落としてくれるアイテムです。それがピーリングの役割ですからね。

 

美白効果を感じるためには、肌の表面に蓄積しているメラニン色素が肌の外へと最終的には垢となってでていかなくてはなりませんが、それを促してくれるのがルミナピールの役割であり、効果。

 

このことを考えると必然的に時間がかかるのが分りますよね。ルミナピールで手の甲を美白するためには。

 

肌の新陳代謝を促進されて、その結果初めて手の甲が白くなりますから。強制的にメラニン色素をなくすものではないので、少しずつ手の甲を美白していく。それがルミナピールなんですね。